アリナミン注射

アリナミン注射とは?

主成分はビタミンB1です。
このビタミンB1を構成する成分に含まれる「硫化アリル」がにんにくの臭いがするため、にんにく注射とも呼ばれます。

ビタミンB1の役割

炭水化物をエネルギーに変える

ビタミンB1は、摂取した炭水化物(糖質)を分解し、人間が活動するのに必要なエネルギーに変える働きをしています。
このビタミンB1が不足してしまうと、炭水化物を摂っても分解されずエネルギーに変わりません。
そうすると、元気がなくなってしまいます。
また、分解されなかった炭水化物はやがて脂肪になり、肥満につながってしまうおそれがあります。

神経機能を正常に保つ

中枢神経や末梢神経の働きは、脳により調整されています。
脳が働くには大量のエネルギーを必要とします。
このエネルギーはブドウ糖から作られていて、その手助けをしているのがビタミンB1なのです。
このビタミンB1が不足してしまうと脳のエネルギーが不足してしまいます。
そうすると、脳の働きが悪くなり、同時に末梢神経の働きも悪くなるため、次のような症状がでやすくなってしまいます。

  • イライラ
  • 怒りっぽい
  • 集中力の低下
  • 記憶力の低下
  • 足のしびれ
  • 運動能力の低下
筋肉機能を正常に保つ

ビタミンB1は、筋肉にたまる疲労物質である乳酸を除去する働きをしています。
そのため、このビタミンB1が不足してしまうと疲れがとれにくくなり、また、筋肉の動きも鈍くなってしまいます。

運動・過労・ストレス・アルコール等の影響でビタミンB1の消耗が増えるので、
その際に十分な補給がないと、ビタミンB1不足になることもあります。

アリナミン注射はこんな方におすすめ

こんな症状でお悩みの方は、より効果を感じられるでしょう

  • 疲れがたまっていると感じる
  • 元気がでない
  • 冷え性でよく風邪をひく
  • 肩こり、腰痛に悩んでいる
  • 肌荒れやにきびが増えた
  • 二日酔いがひどい

アリナミン注射の料金

注射は600円(税別)です。

アリナミン注射の所要時間

ゆっくりいれるため、注射には約5分かかります

アリナミン注射の副作用について

アリナミン注射の主成分はビタミンB1なので、余剰分は尿から排出されます。
そのため、重篤な副作用はありません。
しかし、注射している時に「にんにくのような臭い」があるため、にんにくの臭いが苦手な方は気分が悪くなることもあります。
また、血管痛がある場合があります。

たしま外科内科医院(ロゴ)
電話:096-355-6900

基本情報


・熊本市西区田崎2丁目2-48

・電話:096-355-6900(代表)


・院長診療時間
 月・火 9時~12時 / 14時~18時
 水 9時~13時
 木・金 9時~12時 / 14時~18時
 土・日 9時~13時

・副院長
月~土 午前:9時~11時20分

・休診…… 祝日/水・土・日の午後

注目記事

  1. 副院長の本